光回線サービスの「ソフトバンク光コラボレーション」について

現在私が利用をしている光ファイバー方式のインターネット回線がありますが、これは「ソフトバンク光コラボレーション」といい、通常のNTT社がやっているフレッツ光シリーズや、プロバイダー事業者のみがやっているソフトバンク光などとは異なり、最初からフレッツ光の利用をやっていた利用者が、後から加入をしていたプロバイダー事業者を変えて、今度はその事業者の下でのWi-Fi回線においての利用をしていくというようなカタチの仕様になっている光回線サービスの一種といえます。

何かあったりした際でのトラブルなども、インターネット回線上の事はソフトバンク社が、ホームゲートウェイなどをはじめとする機械本体においてはその地域の管轄をしているNTT各社が、それぞれ行うといった役割分担ですので、トラブルとかの対応の場合には、こちらの方が良いかもしれません。

ただ、通信料金などの総合的な精算やインターネット上でのサポートサービスなどにおいては、やはりプロバイダー事業者のみの運営のものがのぞましいといえますので、簡単にはどちらが良いかなどといったような事はいえません。

現在の私が利用をしているソフトバンク光コラボレーションなどは、中々利用具合などは良く、大変サービス内容が充実をしたりしていますので、とても感謝をしています。